車購入(2)

車を色々なディラーへ見に行き、車購入の気持ちに火が着いた。
ネットで情報収集してみた。

今のところ欲しいと思う条件は、
・セダン
・4WD
この条件で検索すると、クラウンなどのクラスになってしまい、うちの予算では買えないことが判明。
悩み深まる。
今の流行りは、SUV。
これを選択肢に入れるべきなのかなと思い始める。

今日は、ホンダに行ってみる。

新しいシビックが置いてあった。

格好いい!
でも4WDはなし。

ヴェゼルに試乗。

車重が軽いせいか、キビキビした走り、気持ちいい。
後部座席が跳ね上げられるため便利ですよという営業マンの実演説明があった。
その時、後ろの座席の足がパイプ椅子みたいな足だった。

跳ね上げられるのだから当たり前かもしれないが、
営業マンの得意げな説明とは裏腹に、その作りにゲンナリ。
後ろの席がニトリのソファに見えた。
ホンダセンシングは素晴らしいと思っただけに残念。

ここまでディーラー周りをしてわかった事。

・うちの予算だとセダン(かつ4WD)の選択肢は少ない。
・安全性能には差がある
・SUVはどのメーカーにもある

このまま、セダン・4WDの条件で予算と考え合わせると選択肢は狭くなる。
さらに安全性能の良さを加えるとスバルのインプレッサかマツダのアクセラぐらいになってしまう。
マツダは圏外になりそうなため、インプレッサのみになる。
インプレッサは良い車だと思うが納得した車選びになる気がしない。
やはりたくさんの選択肢から選びたい。

もう一度、何が譲れない条件なのか考え直してみた。

コンセプト第2弾

「乗りたい車に乗る」

しかし条件はある。

条件1)安全性能(コンビニに突っ込まない車)
条件2)4WD
条件3)ハイブリッドはいらない
条件4)予算を守る

条件1)について
最近、反射神経に自身がなくなってきた。安全性能は外せない。

条件2)について
北海道の冬は、4WDが必要。

条件3)について
私の年間走行距離は、5000km。ハイブリッドのもとは取れない。
そして、やっぱりエンジン音が好き。

条件4)について
当然、予算は守る

今から定年までの約10年は、好きな車に乗れる最後のチャンスである。
年金生活になったらコンパクトカーに乗るだろう。

だから方向性を決めて乗りたいと思える車を探すことにする。
その方向性とは?

流行のSUVは、格好いいなと思った。
条件はあるが、やはり自分が「格好いい」と思える車にのりたい。
SUVは、4WDの設定が必ずある。
SUVは、試乗してみたらVOXYからの乗り換えでも目線の高さに違和感がない。
SUVは、予算で買えるものがありそう。

結論:
SUVの中から好きな車を探すことにする。

車購入(3)へつづく


車購入(1)

仕事が少し落ち着いてきて、色々別なことを考える余裕が出てきた。
ある日、嫁さんと話していて、来年の車検をどうするかという話題になった。
今乗っている車は、2005年に購入したトヨタのVOXY、乗ってもう12年経つ。
来年車検を取ると15年乗ることになる。
来年車検を取るか?車を買うか?悩んでいた。

車検を取るとなると、今のタイヤは減っているため夏タイヤと冬タイヤを買わなければならない。
13年経つと税金は20%上がる。
12年乗った車にこれだけのお金をかけるのはやだな~。

嫁さんと相談して、車を買うことにした。
車検は来年の6月まであるので、ゆっくり車を見て回る事に決定。

コンセプト第1弾

1)トヨタにこだわらず全てのメーカーの車を候補にする
2)車はやっぱりセダンが好き

コンセプト1)について

私の車遍歴
・トヨタ レビン(AE85) 当時、お金がなくて86が買えなかった(T_T)。
・ホンダ CR-X
・トヨタ ビスタ
・トヨタ VOXY

今まで乗った車は、途中ホンダにも乗ったけどトヨタがほとんど。
他のメーカーにも乗ってみたい。

コンセプト2)について

VOXYは、子ども達と過ごすためには必要な車だった。
しかし息子たちが巣立ち、家族は二人だけ。
今度の車は、機能だけではなく、スタイリングにもこだわりたい。
私はセダンが好きなのです。

2017年10月上旬
ディラー周りを開始

まず車を見に行くことにした。
家の近くのスバルに行った。
スバルと言えば、レガシイかな。

営業の方にセダンを見せて欲しいと頼み、インプレッサとレガシイを見せてもらった。
試乗も進められたが、乗らなかった。
カタログをもらって帰った。
12年も車情報から遠ざかっていたため、浦島太郎状態。
車かっこいい!!

次は、日産。
EV車、リーフの説明を聞いた。

EV車は面白そう、でもまだインフラの問題がありそうなので候補から外した。
ショールームには、エクストレイルが置いてあった。
エクストレイルは、かっこいいなあ、でもでかいなあ。
本命のセダンの話を聞いて、愕然。
4WDはスカイラインのクラスにしかない。
うちの予算では、日産のセダン4WDは買えない。

次はマツダ

説明を受けた営業マンがちょっと受け付けない感じだった。
自社の車を絶賛、あまりに褒められるとちょっと引く。

かっこいいとは思うが、フロントのデザインが全車種同じに見える。
なぜ?コストダウンのためなの?
気に入らなかった。試乗もしなかった。

営業マン、大切ですね。

翌週、スバルに行って試乗させてもらう事にした。
インプレッサ、レガシイ、XVの3台に乗った。

インプレッサ 道路に張り付くように走る。アクセルを踏めば、気持ちいい加速。
レガシイ インプレッサに比べると、乗り心地よし。エンジンの余裕を感じる2.5L。
XV 乗り心地は、インプレッサとレガシイの中間。目線は違和感なし。

 

この中ではレガシイ最高、でも予算オーバー。
VOXYはバスみたいな運転席なので、インプレッサはかなり違和感あり。
インプレッサは、ゴーカートに乗っているみたいな感じ。
説明受けた、アイサイトは素晴らしかった。
車って10年でこんなにも進化しているんだな。
驚きの連続、スバルいいね。

次はトヨタ

C-HRとカムリ、さらにトヨタ系のディラーをハシゴして、マークXにも試乗。

C-HR 近未来的なデザインが格好いい。1.2Lターボでも非力な感じはしない。
カムリ 内装素晴らしい。乗り心地よし。ハイブリットのみ。
マークX 内装素晴らしい。乗り心地よし。2.5Lは余裕の走り。

 

C-HRは、1.2Lターボの割には、高いなあ。私には、排気量少ない=安いというイメージがある。
カムリ、格好良い。しかしハイブリッドはいらないし、4WDの設定なし。泣く泣く圏外。
マークX は 4WDあり。でもやっぱり予算的には無理。
トヨタはやはり内装が良い。
そしてびっくりしたのは、下取り査定。
12年乗ったVOXYなので、下取りはほとんどゼロと思っていた。
ところが距離数が少ないため結構な下取り価格があることがわかった。
VOXYは需要があるのね。

下取りがあれば、その分オプションを充実させられる。

車購入(2)へつづく


らんちゅうの水槽を掃除

一年に一回だけらんちゅう君の水槽を洗う。
えー、一年に一回?
かわいそうかもしれないが、現在1匹だけなので水槽もそれほど汚れない。

いつも通り、砂利を洗い、水槽もきれいにする。

水はバケツ1杯(10L)だけ古い水を戻した。
あとは、マットは全交換、サブストストラッププロは砂利と同じくしっかり洗った。

完全リセット状態。

ろんちゅう君は気持ちいいだろうか?
苦しんでいるか?
わからない。

追伸
2週間経っても水は白く濁らなかった。
今の水量で1匹だと、リセットしても大して濁らないようだ。
そのうちバクテリアも繁殖するだろう。


クラシックギターのサドルを交換

クラシックギターのサドルがボロボロになり、ギターが弾けない状態になってしまった。

楽器店に行き、サドルについて聞いてみた。
私は、ギターの機種別にサドルが売っているのだと思っていたけど違うのね。
サドルは、加工して取付けるようだ。
サドル交換を楽器店に依頼すると時間とお金がかかることがわかった。

安いクラシックギターなので、お金はかけたくない。
自分でサドル交換に挑戦することにした。

まずは、クラッシックギター用のサドルを購入。

家にあった紙やすりやコンパウンドが使えそう。

購入したサドルを既存のものと同じように削っていくのだ。
しかし、原型がわからないほど、サドルがボロボロになっていた。

これではどう削ればよいかわからない。
ネットで画像を探したが、見つからない。

弦高を頼りに削るしかないかな。
クラッシックギターの弦高は、3.5ミリから4.5ミリ。
この高さになるようにしてみよう。
適当に高さを決めてみた。

まずは、厚さを調整することに。
買ったままだと厚くてサドルがスリットにハマらない。

番手#400の紙やすりで荒く削り、番手#80で整えた。
何度も削り、スリットにハメて、を繰り返し、なんとか厚さを調整。

今度は高さ。
形が残っているところから全体を想像して、1弦側が低く、6弦側が少し高いと思われる。
適当に高めに削って後から調整することにしよう。

そして、弦があたる部分の加工。
ブリッジ側の角が丸く、ネック側は角張っていると思われる。

片側を慎重に、紙やすりの番手を変えならが丸く削る。
我ながらうまくできたかな。

仕上げは、車の修理用のコンパウンドで磨く。
磨いてびっくり。
こんなに綺麗に仕上がるとは。
ここでこのコンパウンドが役に立つと思わなかった。

スリットにもピッタリ。

弦を張って、弦高を確認する。

6cmくらいブリッジから出して巻きつけるとちょうど良い。

6弦側が4.5ミリとだいたい思った弦高になり満足。

クラシックギター、復活!!

この作業をして思ったことがある。
約半日、ただただサドルを削って磨いた。
単純な作業だったがとてもリラックスし、そして仕事を忘れられた。
こんな時間がとても大切な事に気づいた。

さあ、ギターの練習しよう。


Happy New Year 2017

あけましておめでとうございます。
2017年、酉年。

2016年は、長い一年だった。
ブログをまったく更新しなかった...する気になれなかった。
まだ暗いトンネルの中だけど、一歩一歩進み、まずは光が見えるところまで行く予定。

そしてブログが更新がポチポチできる一年する。

今年もよろしくお願い致します。


Happy New Year 2016

DSC_1096

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

Happy New Year 2016

去年のプライベートの目標。

  • Linuxの勉強
  • Androidアプリに挑戦
  • ギターの練習

Linuxの勉強は少しずつはしているが、継続しているとは言えない。
Androidアプリは、まったく手がついていない。
ギターの練習は、1ヶ月に一度触るかどうか。

まったく目標を達成できなかった。
ほんとに恥ずかしい。

今年は、ひとつに絞ろう。
2016年のプライベートの目標は、

  • ギターの練習

にする。

DSC_1098

あと、去年の忘年会でワンダーコアスマートが当たった。
これを使ってお腹の脂肪を少し減らしたい。

DSC_1097

そしてまた反省の一年になりそう。


LINEに怪しげなトークが来てアカウント情報を変更した

祝日の朝、通知音とともに怪しげなトークがLINEに来た。
以下がそのメッセージ。

Screenshot_2015-10-12-09-39-53

「おお、これはアカウント乗っ取りか?」
ちょっとワクワクしたがgoogle先生に尋ねたら色々わかった。

このページが参考になった。
http://www.lancork.net/2014/08/line-account-hack-prevent-setting/

結論から言うとLINEのPCサイトに不正アクセスがあった模様。
LINEに登録しているメールアドレスがアタックしている悪者に漏れている。

上記のページを参考に以下作業をした。

  • LINEのパスワードを変更
  • LINEに登録しているメールアドレスを変更

LINEとは関係無いけどGmailのパスワードを2段階パスワードに変更した。

これからメールアドレスに迷惑メールが沢山来そうだな。


「問題が発生したため[Xperia™ホーム]を終了します」エラーが頻発したが解決

スマホは SONY Xperia Z3 を使っている。

xperia

Androidは、カスタマイズして遊べるのが良さだと思う。
ホームアプリには手をだしていなかったのだが、気分を変えたくてホームアプリを変えた。
購入した時から初期設定されていた「Xperia™ホーム」を「Nova Launcher Prime」へ変更。
無料版で十分なのだが、有料版(600円)が安く(150円)なっていたため有料版を購入。

nova_launcher

細かい設定が可能でしばらく遊べそう。
とりあえずホーム画面はこんな感じ。

Screenshot_2015-10-11-11-36-58

これはいいなと思っていたら、
「問題が発生したため[Xperia™ホーム]を終了します」というエラーが頻発。
ホームアプリを変えたので純正アプリの呪いか?

google先生に尋ねて解決。

アプリのデータを削除すると直る。
手順は以下の通り。

1)「設定」から「アプリ」を選択

Screenshot_2015-10-11-11-37-36

2)「すべて」の中からXperia™ホーム

Screenshot_2015-10-11-11-38-08

3)データを削除をタップ

注意)データを削除するためXperia™ホームの設定値は初期値に戻ってしまう。

Screenshot_2015-10-11-11-38-22

これでエラーは出なくなる。
ゆっくりカスタマイズできそう。


インターステラー

内容紹介
鬼才クリストファー・ノーランと、アカデミー賞受賞Wキャストが仕掛ける、衝撃の宇宙体験!
地球の寿命が終わる。人類の挑戦が始まる。

地球の寿命は尽きかけていた。
居住可能な新たな惑星を探すという人類の限界を超えたミッションに選ばれたのは、
まだ幼い子供を持つ元エンジニアの男。
彼を待っていたのは、未だかつて誰も見たことがない、衝撃の宇宙。
はたして彼は人類の存続をかけたミッションを成し遂げることが出来るのか?
鬼才クリストファー・ノーラン監督×アカデミー主演男優賞受賞マシュー・マコノヒー×アカデミー助演女優賞受賞アン・ハサウェイ
“世界最強の監督とキャストが仕掛ける、衝撃の宇宙体験!
———————————————

意外な展開に興奮した。
今年一番かも。


その時までサヨナラ

内容紹介
別居中の妻子が、旅先で列車事故に遭遇した。仕事のことしか頭にない悟は、奇跡的に生還した息子を義理の両親に引き取らせようとする。ところが、亡き妻の親友という謎の女の登場で、事態は思いもかけない展開を見せ始めた。はたして彼女は何者なのか。そして事故現場から見つかった結婚指輪に、妻が託した想いとは? ホラーの鬼才が切り拓く愛と絆の感動ミステリー!
—————————————————

飛行機で気を紛らすために購入。
なかなか面白かった。

ラストは予定どおりで泣けなかったが、
途中、息子の運動会のシーンでは泣けた。

1時間半で一気に読めた。