スターウォーズ 最後のジェダイ

IMAX 3Dで観てきた。
泣いた、2回も。
えっ、どこで泣けるの?
そう普通この映画で泣ける人はいない、でもおじさんは泣けるのである。
エピソードIVの封切りされた年、私は小学校6年生だった。
スターウォーズともに大きくなった一人である。
だから泣けるのである。

ここからネタバレあり

“スターウォーズ 最後のジェダイ” の続きを読む


インターステラー

内容紹介
鬼才クリストファー・ノーランと、アカデミー賞受賞Wキャストが仕掛ける、衝撃の宇宙体験!
地球の寿命が終わる。人類の挑戦が始まる。

地球の寿命は尽きかけていた。
居住可能な新たな惑星を探すという人類の限界を超えたミッションに選ばれたのは、
まだ幼い子供を持つ元エンジニアの男。
彼を待っていたのは、未だかつて誰も見たことがない、衝撃の宇宙。
はたして彼は人類の存続をかけたミッションを成し遂げることが出来るのか?
鬼才クリストファー・ノーラン監督×アカデミー主演男優賞受賞マシュー・マコノヒー×アカデミー助演女優賞受賞アン・ハサウェイ
“世界最強の監督とキャストが仕掛ける、衝撃の宇宙体験!
———————————————

意外な展開に興奮した。
今年一番かも。


SUITS

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
法律事務所を舞台に、クールな敏腕弁護士とマイペースな天才青年が様々な訴訟に挑むバディドラマの第1シーズンパック。ハーヴィーは、驚異の記憶力を持つマイクを採用する。全12話を収録。“ユニバーサルTVコレクション”。
——————————————————

またまたHuluのドラマ見始めた。
今回は「SUITS」

テンポが良くて、面白い。


LIFE

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
製作期間6年、総製作費35億円を掛けて地球上の全大陸でロケを敢行したネイチャードキュメンタリー・プロジェクト“ライフ”の劇場版。動物と同じ目線で捉えられた驚きの世界が展開。日本語版ナレーターとして松本幸四郎、松たか子が案内人を務める。
—————————————-

HuluでLIFEを見た。
「鳥」と「虫」を見た。

ペリカンが別な鳥のひなを食べるシーンはショックだった。


Breaking Bad

内容紹介
ガスが残した証拠を消すためにウォルター、ジェシー、マイクは新たな協力関係を築く。
ソウルのコネで隠れ工場を拠点にメス精製を再開する。
一方で、ガスとウォルターのビジネスを知る9人の所在を突き止めるためリディアを脅迫する。
リディアは自らの命を守るためにメスの原料を提供する。
大きなオペレーションを運営するため、隠れ精製工場を提供するトッドを新たな仲間に加えるが、トッドとその叔父であるジャックがウォルター達の運命を大きく左右することに。
スカイラーは家族の身の危険を感じ子どもたちをハンクとマリーに預ける。
———————————————–

ついにシーズン5まで見終わった。
悪人は最後は死ぬ。
わかっている結末だがちょっとショックを受けた。
またがっかりしている自分にびっくり。
どんどん悪くなっていく主人公に感情移入していたのだろうか。

ちょっとした喪失感に襲われた。
それくらい自分の年令にピッタリきたドラマだった。


マラヴィータ

内容紹介
フレッド・ブレイクは泣く子も黙る元マフィアで、家族ともどもFBIの証人保護プログラムを適用され、偽名を名乗って世界各地の隠れ家を転々としてきた。
そんなワケあり一家はノルマンディーのコミュニティーに溶け込もうとするが、
かんしゃく持ちのフレッドは事あるごとに昔の血が騒ぎ、妻マギーとふたりの子供も行く先々でトラブルを起こしてしまう。
やがてフレッドに積年の恨みを抱くマフィアのドンが、彼の居場所を突き止めて恐怖の殺し屋軍団を現地に派遣。
かくして“ファミリー”VS.“ファミリー”の仁義なき壮絶バトルの火蓋が切られるのだった・・・!
—————————————

大晦日に長男が選んだ映画を見た。
大晦日に映画を見るのは独身依頼かも。
息子が大きくなった証拠。

映画はちょっとグロいけど笑える。
デ・ニーロさすがです。
そして、ミシェル・ファイファーがいい味出している。


オール・ユー・ニード・イズ・キル

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
トム・クルーズ主演、桜坂洋のライトノベルが原作のSFアクション。謎の侵略者により滅亡寸前となった世界。同じ日を繰り返すループ能力を持つ戦闘能力ゼロの兵士・ケイジは、最強の女兵士・リタに鍛えられる。
——————————

まったく期待しないでみたので、そこそこ面白かった。
トム・クルーズは相変わらずストイックだね。


デュー・デート

内容紹介
急げ、妻のもとへ──出産まであと5日!
ところが旅の相棒は、息するだけでトラブルを呼ぶサイテー男っ!
ノートラブル・ノーライフ
災難メガ盛り!のアメリカ大陸横断が、今始まる!!

待望の初ベビーの誕生を5日後に控えたピーター(ロバート)は、仕事先のアトランタからロスの自宅へと急ぐため飛行機に乗りこんだ。ところが、ミョーな男のせいでテロリストと疑われ、搭乗拒否に! サイフも身分証も空の上、どうすりゃいいんだとキレる寸前のピーターの前に、例の男が車で現れ大陸横断を持ちかける。彼の名前はイーサン(ザック)、俳優志望でエージェントに会うためにハリウッドへ行くところ。しかし、フレンチブルドッグが友だちで父親の遺灰が宝物のこの男、実は地球上のあらゆるトラブルを奇跡のごとく引き寄せる、最凶のマイナスオーラ男だった! 妻の出産に間に合うのか? いやいや、そもそもピーターは、3,200kmの道のりを生きて無事に帰れるのか──?
共演は、『Ray/レイ』でアカデミー賞に輝いた名優ジェイミー・フォックスと、ミュージシャンとしても人気を集めるジュリエット・ルイス。そして、『ハングオーバー!』を超える強烈キャラを確立した、ザック・ガリフィアナキス。
そう来るか!と観る者の予測を裏切りまくるトラブルの連続攻撃、そしてなぜか最後にグッとくる、唖然愕然痛快爆笑のノンストップ・コメディ!
————————————

久しぶりに笑った。
笑うのは体にいいと思う。


いまを生きる

内容紹介
1959年バーモントの秋。名門校ウェルトン・アカデミーに1人の新任教師がやって来た。同校のOBでもあるというジョン・キーティング(ロビン・ウィリアムズ)だ。伝統と規律に縛られた生活を送る生徒たちに、キーティングは型破りな授業を行う。「先入観にとらわれず自分の感性を信じ、自分自身の声を見つけろ」とキーティングは、若者たちに潜在する可能性を喚起する。風変わりな授業に最初はとまどっていた生徒たちも、次第に目を開かされ、キーティングへの関心は高まってゆく。中でも7人の生徒たちはキーティングの資料をもとに“死せる詩人の会”を結成し、深夜に寮を抜け出して洞窟に集まり、自らを自由に語り合うようになる。恋をする者、芝居に目覚める者…。皆がそれぞれの道を歩みはじめたかのようにみえた時、ある事件が起こった。そしてその事件をきっかけに、生徒たちは再び学校体制下に引き戻されそうになるのだが…。
—————————————-

ロビン・ウィリアムスが亡くなった時購入した「今を生きる」を久しぶりに見た。
感動した。

見るものをグイグイ引き込んでいく演技の凄さ。
こんな素晴らしい俳優がいたことを私は忘れない。


幸福の黄色いハンカチ

内容紹介
“失恋して自棄になった欽也は、会社をやめ、退職金で新車を購入、北海道へドライブの旅に出た。網走に着くと手当たり次第に軟派して、同じ失恋の痛手を持つ朱美を引っかけた。 それから、海岸で炭鉱夫を名乗る中年男・勇作と知り合い、3人で旅することになる。しかし、勇作には6年3ヶ月の刑期を終え出所したばかりという秘密があった。 ”
———————————-

高倉健さんが亡くなり、急に見たくなりhuluで鑑賞。
やっぱり泣けた。

武田鉄矢も桃井かおりも若い。

昭和のかおり一杯の映画。