Asahiネット光開通

Asahiネット光開通。
光電話の番号引き継ぎもうまくいった。

早速、スピードテスト

回線変更前 auひかり

アップロードこんなに速い?

回線変更後 NTTフレッツ

予想通り、遅い。

ところが翌日、IPv6が使えるようになりましたと案内が来て、再度スピードテストしたところ、


ダウンロードが速くなった。
体感できるわけじゃないし、スピードテスト自体がばらつきが多すぎて信用ならないけど....。
IPv6恐るべし。

レンタルサーバもIPv6対応のところへ乗り換えようと心に決めた。


デジカメ SONY DSC-RX100M5A 購入

コロナ禍の中、まだドライブに行けないけれど、ドライブのお供にカメラが欲しくて購入。やはり、いい風景に出逢えば、写真に収めたい。CANONの一眼レフは、もう古いせいかボディのセンサーにゴミが付く。清掃に出してもすぐ付いてしまい、パソコンで撮った写真を見てがっかりするのにもう飽きた。

時代はミラーレスと思うが、もうレンズを買い揃える気力とお金は無い。そして休みの日には常に携帯したいのでコンパクトカメラ一択。

選択肢、色々あるが購入ポイントは以下。

  • 一眼レフのレベルは望まないが、それに近いもの
  • コンパクトなサイズ
  • 明るいレンズ

明るいレンズにどうしてもこだわってしまう。

レンズが良ければ全て良しではないけど....。

候補は

1)CANON GX7 markIII

 
Canon コンパクトデジタルカメラ PowerShot G7 X Mark III ブラック 1.0型センサー/F1.8レンズ/光学4.2倍ズーム PSG7XMARKIIIBK

2)SONY DSC-RX100M7

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX100M7

3)FUJIFILM X100V

FUJIFILM デジタルカメラ X100V ブラック X100V-B

4)RICOH GR III

RICOH デジタルカメラ GRIII GRIII APS-CサイズCMOSセンサー リコー GR3 15041

どれも価格.comの売れ筋ランキングの上位。

私は、価格.comの売れ筋を信用してはいないが、目安にはなると思っている。

FUJIFILM X100Vは、以前カメラのキタムラに行ったとき店員さんが一押しだった。

でもFUJIFILMのカメラは使いたいと思えない。デザインも好みじゃない。

RICOH GR III、人気あるよね。APS-Cサイズ大型イメージセンサーが良い。でもフラッシュがないので候補からはずした。GRファンに怒られそう。

残るは、CANONとSONY。私は、明るいレンズ神話に弱い。GX7のレンズは、F1.8-F2.8レンズで焦点距離24-100mm。申し分ない。

SONY DSC-RX100M7 のレンズは、F2.8-4.5レンズで焦点距離24-200mm。ちょっと暗いし、200mmの望遠は使わない。そして高価。

しかしCANON以外のメーカーも使ってみたい。SONYのサイトをよく見ると、型が古いのも売っているのね。レンズ明るいのあるじゃない。DSC-RX100M5Aは、F1.8-F2.8レンズで焦点距離24-70mm。カメラ屋へ行って店員に聞いてきめようと思い、ヨドバシカメラへ行った。

店員さんの話「人気はSONY、SONYはオートフォーカスが速い。CANONが遅いわけじゃないけど」

次の理由でSONYのDSC-RX100M5Aにした。

  • ZEISSのレンズを使ってみたい
  • 価格もCANON GX7 markIIIと変わらない
  • オートフォーカスの速さを体感したい

まずは、開封の儀

保護フィルムも購入。

うまく貼れた。

SDカードを同時購入。

色々悩んで128GB。

後日、ケースとグリップを購入。

グリップはとてもいいかも。

ケースは安いので我慢した。

ちょっと庭で撮ってみた。

モードAUTOで十分。

好きな絵かも。

 

 

 

 


プロバイダと回線を変更

auひかりとSo-netを使用している。

特に不満は無いのだが、2016年6月に入会した時のメモに48ヶ月は、使ったほうが良いと書いてあった。過去の自分のメモに従ってみた。手数料が取られない解約月ということで解約した。

そしてどこのプロバイダにしようか迷ったが、以前使用していたAsahiネットにした。

Asahiネット光、回線がNTTフレッツ。

https://asahi-net.jp/service/ftth/hikari/

7月中旬に開通予定。


ブルーエンゼルフィッシュをお迎え

パイロットフィッシュを投入して約4週間。
いよいよ、熱帯魚の本命を購入するためにペットショップへ。

エンゼルフィッシュと決めていたので、エンゼルフィッシュを見せてもらう。
購入可能なのは、5種類くらい。
4000円のプラチナホワイト・エンゼルフィッシュが欲しいと思ったが、初心者には高価である。
ぐっと我慢して、ブルーエンゼル 780円にした。

体長は約25mmから30mmという大きさ。
60cmの水槽なら4匹はいけると教えてもらい、4匹購入。

まずは水合わせ。
1時間位、水槽に袋ごと浮かべる。

一度バケツに袋の中身全部を入れる。
1)バケツの水を1/3程度取り除く
2)チューブとコックを使い、水槽の水を少しずつバケツに投入

1)と2)を1時間位かけて、3・4回繰り返す。

そしてブルーエンゼルフィッシュのみを水槽に投入、バケツの水は入れない。
パイロットフィッシュのゼブラダニオとご対面。

お互いに4匹対4匹、集まって様子を見ている。

ほんとうに混泳大丈夫だろうか?

しばらくは、縄張り争いが続きそう。


アンモニアを測定

パイロットフィッシュを投入して約3週間。

亜硝酸を測ろうと思ったが、久しぶりに箱を開けてみたら、液が蒸発して使い物にならなかった。

しかたなくアンモニアを測っていみる。

0.25mg/l くらいかな。なんとかセーフ。

週末は、本命の熱帯魚を購入する。エンゼルフィッシュにしようと思っている。


エアレーションを追加

やはり、バクテリアの増殖には酸素が必要と考え、エアレーションを追加した。

今持っているストーンを試したが、音がうるさいためエアレーション用のストーンを購入。

いぶきストーンにした。

音が静か。そして泡が細かい。

評判良いのがわかる。

バクテリアが早く増えてほしい。


パイロットフィッシュにエサやり

パイロットフィッシュ投入後、3日が経った。

そろそろエサをあげてもいいかな。

エサは、ペットショップですすめてくれたこれ。

ワイルドフレークプロバイオミニ。

耳かき一杯ほど、少量を投入。

毎朝、1回だけのエサやりを続けてみよう。


水槽のpHを測る

パイロットフィッシュを投入して、水槽を眺めていた。ふと、pHは大丈夫かな?と思った。

「ええっ!」、パイロットフィッシュを買う前に測れよ。なぜ水合わせの時に測らないんだ。と自分を責めた。

pH測った。

ああ、とってもアルカリ。pHは、8.0から8.5というところ。

まずくないですか?ゼブラダニオくんごめんなさい。

大磯砂と龍王石だとこのくらいになるのだろうか。

通常、水槽におけるpHの範囲は以下の通り、

pH 液性
~6.0未満 酸性
6.0以上7.0未満 弱酸性
7.0あたり 中性
7.0以上8.0未満 弱アルカリ性
8.0以上 アルカリ性

ネットで検索するとゼブラダニオは、pH8.0まで大丈夫とある。

ゼブラダニオくん、生き延びてくれ!!

 


パイロットフィッシュ投入

新しい熱帯魚用水槽の設置が終わり、空っぽの水槽を眺めていると寂しい気持ちになる。

このまま1ヶ月放置するという情報をネットで見かけるが、私には我慢できそうもない。

またパイロットフィッシュがいなければ、バクテリアは増えない。

バクテリアが増えなければ、目指すピカピカの水はできないだろう。

あれ?!ピカピカの水を目指しているの? 熱帯魚を飼ってみたいの?

すこし目標がずれている気がするのは置いておく。

パイロットフィッシュを投入したいが、いかんせん今は新型コロナの影響で生体は販売されていない。手に入らない。

よく行くペットショップに電話で相談してみた。

「エサ用の生体は販売している。メダカ、ゼブラダニオはお売りできますよ。」とのこと。

ゼブラダニオ」? 初めて聞いた。

ネットで検索してみると、じょうぶそうな熱帯魚であることがわかった。

パイロットフィッシュは、やはり飼いたいものを選ぶのが良いと思う。

今まで飼っていた「らんちゅう」は、ゆっくりと泳ぐのが好きだった。

今までとは間逆なものを飼ってみたいと思ったのだ。

買い物の帰り道にペットショップへ寄り、4匹

購入。同時にヒーターも新調した。

早速、水合わせ。

まずは、水槽の水に1時間ほど放置。

洗面器に移して、購入時の水は1/3は捨てる。

チューブとコックを使い、30分以上かけて水合わせをした。

無事、パイロットフィッシュを投入。

とにかく、よく泳ぐ。体長約15mm、なんか魚というより虫みたい。

 


水槽の白い濁り

新しく立ち上げた水槽に昨日までは、白い濁りがあった。

今朝、水槽を見たらかなり水が透き通っている。

5月6日の状態

5月8日の状態

これが底面フィルターの威力なのか?!

明日は、パイロットフィッシュを投入したいと思っている。

しかし新型コロナの影響で、どこのペットショップでも生体販売は中止されている。

さて、どうするかなあ。